婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

思い通りのことができなくても

 

横浜DeNAベイスターズが…

2月1日から始まる沖縄県内での春季キャンプを無観客で行うことを発表しました。

(県内でキャンプをする他の7球団も同じです)

 

「あ~、我が故郷も…」と、なんとも言えない寂しい気持ちにもなりますが…
こればかりは致し方の無いことなのかと。

 

数年前までは、夫と一緒に、必ず沖縄キャンプを見に行って、(ついでに?笑)親戚一同に会ってくるというのを、年1回の楽しみにしていました。

 

ですが、この2年ほどは、“あゆん”を置いていくのが忍びなく、夫と交代で順番に行こうか?という案も出ていたのですが…、逆に“すっきり”諦めがつきました!(笑)

 

このコロナ禍で「諦めなければいけないこと」が沢山あったような気がします。

 

みんな同じだし、どうしようもないことだから…と、“すっきり”諦められたこともあれば、どうしても心の折り合いがつかず、“未だ”諦めきれていないこともある。

 

誰もが、そんな思いを抱えているのだと思います。

 

結婚相談所の“婚活”も、オンランでのお見合いが増えたり、交際中も2回に1回はオンラインデートで…と、そんな「諦めなければいけないこと」が多くなっています。

 

ですが、婚活にとって救いなのは、「結婚」という目的を達成するまでの過程が、多少窮屈であっても、思い通りのことができなくても、確実に進捗していけるということです。

 

大変だったけど、だからこそ「上手くいった」ということが、婚活には必ずあります。