婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

嗚呼!プロ野球…(勇気をもらって)

 

昨晩のnews zeroで福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手を特集していました。

(このブログでベイスターズ以外の話をするのは珍しいのですが…笑)

 

甲斐選手が育成選手から日本シリーズでMVPを取るまでに成長する軌跡を、タクシードライバーをしながら育ててくれたお母様と、同じ背番号19の野村監督(野村克也さん)との関わりを通して語っていくという内容で…

 

2017年の日本シリーズの第6戦の9回裏にヤス君(山崎康晃投手)が内川選手にホームランさえ打たれなければ、きっとベイスターズは日本一になってだろうと、今さらながら悔やまれる相手のホークスではあるのですが…(笑)

 

それでも、感動しました。

 

その内容自体も良かったのですが…

 

今は、どんなニュースも、どんなスポーツの話題でも、なんだかんだコロナ絡みというのが多い中で、「純粋にスポーツ」、「純粋にプロ野球」という、完全なwithoutコロナだったことに、かつてあたり前にあった日常に戻された感じがしたというか…

 

いつも通りの、嫌になるほどの普通の日々が、もう少しでやってくる。

 

そう信じて、もうちょっと頑張ろう…と、勇気づけられたような気がしました。

 

野球って、素晴らしい!