婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

人生の選択権は自分だけにある

 

ここ数日、大変悲しいニュースが流れていて…

まだ正式に発表されてはいませんが、横浜DeNAベイスターズの梶谷隆幸選手と井納翔一選手がFAで移籍してしまうようです…(本当に残念…)

 

梶谷選手は、長打力があって、走れて、クールでありながらもガッツがあって、野球少年がもっとも憧れるタイプ。今から8年前、球団の親会社がDeNAに変わり、その年に就任した中畑監督に見いだされスターになってきたので、まさにDeNAの顔といえる選手。

 

井納選手は、大学、社会人出身ということもあり、即戦力として期待され入団し、そしてその期待に応えるべく、1年目からローテショーンに入り、この8年間、常にコンスタントに、タフに、チームが窮地の時に勝ってくれる投手でした。「宇宙人」と呼ばれる独特な、愛されキャラでもあり、私個人的にも、本当に好きな選手だったのですが…

 

悲しいです…

残念です…

それも同じセリーグ、よりによって?巨人…(ショック…)

 

ただ、そういうファンとしての思いはあるのですが…

梶谷選手、井納選手の意志を尊重することが、「ファンとしての本当の務めであるべきではないのか?」といった、自問自答する思いもあって…

 

それは、まさに結婚と同じで…

 

周りが、「その結婚はやめたほうが良いんじゃない?…」「考え直したほうが?…」「その相手で本当に大丈夫?…」と、どれだけ気を揉んだとしても…

 

「選ぶ権利」はもちろん、「成功する権利」も「失敗する権利」も、全て本人にあるのだと。

(決して、冷たい意味で言っているわけではありません…笑)

 

野球も、結婚も、「人生の選択権」は、あくまでも“自分だけ”にあって、親でも、兄弟でも、周りの人たちでも、ファンでもないのだと…

 

でも、梶谷選手も、井納選手も、どこへ行っても、ベイスターズOBに変わりはありません。

いつまでも応援しています!

そして、またいつかベイスターズに戻ってきてくることを願っています。