NNR日本仲人連盟 IBJ日本結婚相談所連盟 BIU日本ブライダル連盟の正規優良加盟相談所

安心・信頼・愛情の結婚相談所 イー・マリッジ 

安心・信頼・愛情

Tel.044-541-2177

自分を過小評価している男性へ

 

【自分を過小評価している男性へ】

 

 

イー・マリッジに入会頂いて、何度も面談を重ねていくうちに、婚活そのものの話だけでなく、その人の生い立ちや、人生観、異性に対しての考え方など様々な話をするようになります。

 

そういった中で、意外と男性の方から、

「自分なんか女性とは縁が無いと思っていた」
「もう、結婚は無理だと思っていた」

そういった、ある意味ショッキングな告白をされることがあります。

 

客観的に見て、経歴も、ステータス(職業・収入)も、見た目も、むしろ良い方の男性方たちが、そういったことを言われることが多いです。

皆さん、それぞれ、いろいろな経験を経て、またいろいろな思いを経て、そういった気持ちになられたのだろう…とは思うのですが。

 

私が、見ていて気づいた、そういった方たちの傾向を挙げてみると

・同じ職場に女性が少ない人
・技術者や研究職の人
・真面目な人

すべてが、このような条件の方という訳ではありませんが、割合的には多いような気がします。

 

日常、女性と関わることが少なく、没頭できる仕事をして、それでいて真面目な人。

確かに、年齢とともに、結婚とは縁遠くなっていくと感じてしまいがちですし、
真面目だからこそ、頭で割り切って考えてしまい、結婚を諦める、という志向になってしまうのでは…と想像します。

 

ですが、結婚相談所ではそういった男性の方が実は「需要」があります。

「需要」という言い方をしてしまうと大変失礼ですが(申し訳ありません!)
女性が、結婚相手に求める男性像は、恋人にしたい男性像とは全く違います。

女性が、結婚相手に求めるものは、「真面目さ」と「生活力」です。

 

そう言ってしまうと「女って…なんだか…」と思われる男性もいるかもしれませんが、結婚とはそういうものです。

決して「愛がない」ということではありません。それが結婚相手を選ぶベースになり、そこから「好きな気持ち」や「愛する気持ち」が加わってくるのです。

 

ですので、もし今、「俺、結婚なんてできないかも…」と思っているのなら、もう一度よく、自分の状況を客観的に見てみて下さい。

 

実は、結婚相談所では圧倒的に「需要」がある男性かもしれません。

 

wedding-2544405__340