NNR日本仲人連盟 IBJ日本結婚相談所連盟 BIU日本ブライダル連盟の正規優良加盟相談所

安心・信頼・愛情の結婚相談所 イー・マリッジ 

安心・信頼・愛情

Tel.044-541-2177

お返事をどうしよう?

【お返事をどうしよう?】

 

結婚相談所では、お見合いの翌日のお昼頃までに、交際に進みたいかどうかのお返事を担当者に知らせて頂くことになっています。

担当者同士はそのお返事をお相手側にお伝えして、お互いに「YES」であれば、フルネームと連絡先電話番号を教え合って「交際」に進むことになります。

 

「とても話が弾んだし、素敵な方だったし、ぜひ交際に進みたい!」

「良い人だったけど、どうしようかな、もし向こうがまた会ってみたいと言ってくれるなら会っても良いんだけど・・」

 

その都度、いろいろな思いがよぎると思います。

どんな時でも、自分から交際希望を出して断られるのは傷つくし、やっぱりちょっと恥ずかしい。

できれば、向こうから先に返事をしてきてくれないかな。

迷っているうちにお返事期限の時間が迫ってきてしまった。まだ向こうも返事をして来ないのか。どうしよう・・。

 

自分から返事を出すのをためらう気持ちは、とても良くわかります。

でも。

お相手の女性も同じことを考えています。

男性の方はどう思っているんだろうと悩んで、お返事を待っているんです。

男性がなかなか返事を出さないと、女性の方は「きっとダメなんだわ」「男性の方から断るのは女性が傷つけると思って、きっとわたしから断ってくるのを待っているんじゃないかな」と自分で勝手にあきらめて「今回はご縁がなかったということだと思います」とお断りのお返事をしてくるかもしれません。

 

もし、お見合い相手の女性に良い印象を持って、少しでも「また会ってみたいな」と思うようでしたら、ぜひお見合いのお返事は男性の方から先に出してあげて下さい。

特に「ぜひまた会いたい!」と思った時は、翌日お昼の期限までなんて待たずに、なるべく早くお返事をしましょう。

決断力と行動力のある男性は魅力的です。

確実に印象が良くなりますし、「YES」のお返事が返ってくる確率も高くなります。

 

それで、もし断られたら・・?

それでも良いじゃないですか。そうやって経験値を重ねていきましょう。

モテる男性は、何もしなくてモテているわけではありません。

ちょっと傷ついたり、恥ずかしい思いをしながら、人の痛みがわかる包容力を身につけていくのだと思います。

 

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせは下記へ。
各種SNSも覗いてみてくださいね。
※2017年4月に御茶ノ水から九段下へ移転しています。

公式サイト お問い合わせページ 公式facebookページ 公式twitterページ