婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

【婚活ノート。】未来を前向きに可視化する

 

(ジジババくさい話ですが…笑。ちょっとお付き合いいただければ…)

 

家に籠って仕事をしていると、音楽を聴きながら、ということが多いのですが…

特にこういう時は“陰”になりがちなので…何か気分を上げる曲を!と、中学生の頃から愛聴している「浜田省吾」を。

 

特に、初期の頃の「路地裏の少年」とか「j.boy」とか「悲しみは雪のように」とかを、たまに聴き返してみると“あの頃”が蘇ってくるというか…(どの頃??)

 

インドに住んでいた2011年に、日本に一時帰国した際に、横浜アリーナに浜田省吾さんのライブに行ったことがあって…(海外に住んでいると、一時帰国の時には何か特別なことを!という気分になって…、よくコンサートに行っていたような気がします)

 

その時、なんとなく覚えているのが、父親から「誰のコンサートに行ったの?」「いくつぐらいの人?」と聞かれて…そのライブの中で、浜田省吾さんが、「また2年後に会おうな!でもその時は俺、60歳だから、ライブなんてできるかな?」と言っていたのを思い出して、「60前ぐらいじゃないかな~」と答えたら、「結構いい歳の人なんだね~」と、父親がなんだか感心?していたのを…思い出しました。

 

確かに、60歳になっても、こんな激しいライブをやるなんて、なんだか想像できないな~と思った記憶があります。

 

あれから、10年弱。昨日「浜田省吾」を聴きながら、そんなことを思い出していて、浜田省吾さんは、今いったい、いくつになったんだろう?と考えながら、あの時「60歳」という遥か遠いもののように感じた、その“未来”に、自分も近づきつつあることに、ちょっと衝撃?を覚え…笑

 

いろいろな、思いにさせてくれる“stay home”ですが…

 

自分の“未来”を、少しだけ、(前向きに)可視化してみることも、それはそれで、いいことなのかもしれないと、そんな風にも思います。