婚活ノート。イー・マリッジ代表 山領有紀子のブログ

43歳・UAE在住・男性会員様、成婚退会のご報告

 

昨年8月に入会された、43歳のUAE在住・男性会員様から、嬉しい成婚の報告がありました。

 

お相手は38歳の会社員女性。
びっくりするくらいとても綺麗で、かつ明るくて気取りのない、とても素敵な女性です。

 

昨年12月半ばにスカイプでお見合い。

その時からとても話が合い、変に頑張ったり無理をしなくても、自然体で何だか”しっくりいく”という感覚があったのだそうで・・。

交際に進んだ直後から、マメにLINEやスカイプをしていたのだそうです。

時には、気づいたら4時間経っていた(!)ということもあったのだとか。

 

今年の年明けに、彼女がご実家に帰省された際にも、お二人は?スカイプでお話ししていて…。

彼女が「こういう方と交際をしている」ということをご両親に話して下さっていたそうで、そのままの流れで彼が「じゃあ、このままスカイプでご両親に挨拶させてもらおうかな」と…。

何と、パソコン画面越しに、彼女のご両親にご挨拶をしてしまったのだそうです。

 

彼は、裏表のない、真っすぐで男気のある男性。

ご両親も「良い人そうじゃない」と彼女の背中を押して下さったのだそうで…。

1月半ばに、彼女がドバイを見学に行き、その際にプロポーズ。

お見合いからほぼ1ヶ月での成婚となりました。

 

交際期間1ヶ月という短い間で、なぜ成婚までこぎつけることができたのか…。

それは何と言っても、お二人がお互いを求めあう気持ちが強かったからだと思います。

 

が、実は私と先方の担当者も、とてもマメに連絡を取り合い、お二人が今どのように考えているか、お互いの気持ちを伝えあって、状況を共有していました。

お互いがとても結婚に対して前向きで、「彼も直ぐにもプロポーズしたいという気持ちを持っている」ことや「彼女もプロポーズされればお受けするつもりでいます」ということを伝え合うことができていたので、お二人もお互いの気持ちに迷いがなく、先に進めたところがあったのでは…と思っています。

 

男性は、何かあるとすぐに私に「今ちょっと話せますか?」と連絡をしてきて、さっとお電話でお話しをするような、スピード感を持って婚活に臨んでいる方でした。

担当者がよりタイムリーなサポートをすることができたのは、ちょっと細かいニュアンスのことをお電話で、言葉で、伝えて下さったからで…。担当者として「動きやすかった」というのを実感しています。

 

婚活していると、「どうしようかな」と思うようなことがあるものだと思います。

そんな時はぜひ遠慮なく担当者に話してみて下さい。
話すことで考えがまとまったり、選択ができていったり…。道が見えてくることもあります。
そして、担当者も間に入って、お相手との関係が上手く進むように、裏からそっと後押しをしたりしています。

 

あなたの婚活が上手く進んでいくように。いつも願っています。