【婚活ノート。番外編】プロ野球aiに思いを馳せて

 

 

「プロ野球ai」2020年1月号買っちゃいました!

 

プロ野球aiが、完全にプロ野球イケメン選手雑誌に路線変更(?)して、はや1年半。

待ちに待った「ベイスターズ特集」です!

 

“感慨深いです”“癒されます”

 

12月は、1年の内でもプロ野球の話題がもっとも少なくなる月ですが…

本日、筒香選手がMLBとの契約を目指し渡米したとのニュースがありました。

 

ここ数日は、タイガース、ホワイトソックス、ツインズなどのチームが、筒香選手に興味を示しているとの報道もあり、本当に、どこに決まるか楽しみです!

 

今までMLBに行った日本人選手は、ロサンゼルスやシアトル等のアメリカ西海岸の大都市や、ニューヨークといった“馴染みのあるアメリカの街”が多かったような気がしますが、デトロイトやシカゴやミネアポリスといった、「どんな感じ?」って思うようなところで、筒香選手にはやって欲しいな~と、なんだか、勝手にそう思っています。

 

3~4年前に、ドミニカのウインターリーグに参加したのが、野球観を変えるきっかけになった、といったようなことを筒香選手が話していたような気がするので…、なんだか、あまりメジャーでないアメリカの街の方が筒香選手には合っているようなと、そんな気もして。(デトロイトもシカゴも、十分大都市なんだとは思いますが…笑)

 

そんなことに思いを馳せていると、今回のプロ野球aiに本来は真っ先に取り上げられるべき、関根大気選手についてもスルーするわけにはいかず。

 

今、関根選手はドミニカでないですが、メキシコのウインターリーグに参加していて、これも今日の記事に出ていましたが、直近の試合では決勝打を放つなど、打撃が好調でチームに欠かせない存在になっているそうです。

 

筒香イズムを受け継いでというか…、この南米での経験を活かして、来年こそは、レギュラー争いに加わって欲しいです!

 

2014年の春季キャンプ。まだあどけなさが残る新人選手の中に一人、後光がさしているのか?と見誤るほどの美形の青年。それが、私が初めて関根君を見た感想でした(!?笑)

 

レギュラー候補、スター候補と言われ続け、はや6年。

18歳だった少年も、もうすっかり青年に。来年は勝負の7年目。

 

関根君の、努力する姿勢、考える姿勢、前向きな姿勢。

おばさんは、すっと見てます、応援してます。頑張って!

 

 

(すみません、ついプロ野球aiベイスターズ特集でテンションが上がってしまって…)

 

IMG_0153

 

良かったらシェアして下さいね。