【婚活ノート。】紳士、淑女の皆さんへ

 

“Ladies and gentlemen” 

 

アカデミー賞の司会者がオープニングで会場に呼び掛けたり、もう少し身近なところでは、飛行機の機内アナウンスの冒頭で使われたり…

 

元々は、聴衆や列席者に失礼のないように呼びかける、英語の決まり文句です。(みのもんたさんが、妙齢な女性の番組観覧者の方たちに、「お嬢様」と呼び掛けていたのと同じようなものかなと?…)

 

すみません、話しはちょっとそれましたが…(笑)

 

“Ladies and gentlemen”を日本語で言うと、「紳士、淑女の皆さん」となります。

 

辞書で調べてみると「紳士」は、“品格があって礼儀にあつい人”。

「淑女」の意味は、“善良でしとやかである女性”とあります。(広辞苑)

 

耳慣れている“Ladies and gentlemen”ですが、そうやって、改めて意味を考えてみると、かなり高いレベル?を求められている…ということに気付かされます。

(そんな真に受ける必要はないのですが…笑)

 

でも、恋愛や婚活をするにあたって、一つの目標とすべきところは、実は“そこ”なのではないかと、婚活カウンセラーとしては、そんな風にも思います。

 

カワイイ、爽やか、ノリがいい、話しが面白い等々、そういったこともアピールにはなるかもしれませんが、最終的には、“Ladies and gentlemen”=“善良でしとやか”“品格があって礼儀にあつい”、そんな自分になることを目指すべきではないかと。

 

それは、恋人としても、生涯の伴侶としても、最も理想とする姿なのかもしれません。

 

ハードルは高いかもしれませんが…

 

せっかく本気で恋愛、婚活をするのなら、そんな自分になれるよう、高い理想を掲げてみても、いいのではないでしょうか。

 

 

良かったらシェアして下さいね。