【婚活ノート。】Rainy Blue

 

今日は寒い!です。

 

昨日、“あゆん”の爪切りへ、散歩がてら出かけた時は「今年は暖かいな~」と、思ったばかりだったのに…。今日は一転“真冬”しかも“雨”

 

寒い日の“雨”と言えば「Rainy Blue」(ものすごく?唐突ではありますが…)

 

♪人影も見えない午前0時、電話Boxの外は雨、かけなれたダイヤル回しかけて、

ふと指を止める、冷たい雨に打たれながら、哀しい物語を想い出した~♪

 

1986年リリースの、今から30年以上前の徳永英明さんの名曲です。

 

今まで、多くの人がカバーしていて、最近では、JYJのジェジュンが歌ったのが、個人的にはグッと(?)きていて…

 

歌詞的には時代を感じさせるものはありますが…(先日、自宅の近くに災害用だとは思うのですが電話Boxが突如できて、高校生が物珍しそうにスマホで撮っているのを見かけましたが…笑)

 

でも、聴いていると、瞼にその画像が鮮明に浮かんでくる“情景描写”が本当に素晴らしく、「失恋した女性の感情」も繊細に伝わってきます。

 

普段は「前を向いて頑張りなさい!」と発破をかけるのが商売?なのですが…

 

もし、失恋したり、哀しいことがあったのなら、こんな寒い雨の日は、思いっきり“Blue”になってみてもいいのかもしれません。

 

それでも、まるでアンサーソング?のような、「はじまりはいつも雨」という曲もありますので…

 

失恋しても、哀しいことがあっても、必ず、その次があるのだと、そう信じて。

 

(ちなみに“はじまりはいつも雨”は不倫の歌?という説もありますが…

そこは気にせずに。笑)

 

 

良かったらシェアして下さいね。