【婚活ノート。】39歳・シンガポール駐在・男性会員様の成婚

 

7月に成婚退会された39歳・シンガポール駐在・男性会員様が、一時帰国の機会に、お相手の方と一緒に事務所にお立ち寄り下さいました。

 

彼女は35歳の学校の先生。
知的で落ち着いた雰囲気が素敵な、大人の女性です。

 

3月いっぱいまではお仕事を離れることができないそうで、来年2020年4月からシンガポールで新生活を始められるとのこと、

今年4月半ばのお見合いで初めて出会って、まだ半年とは思えないほど、
既にご夫婦のようにしっくりとした落ち着いた雰囲気のお二人は、とても幸せそうなご様子で、私の方まで嬉しくなってしまいました!

 

4月半ばに出会って、7月末に成婚退会。

トントン拍子に進んだ理由は、彼の行動力と一途な気持ちだったと思います。

 

結婚相談所では、お見合い後、真剣交際に進むまでは、複数の方と自由に交際をすることができます。

せっかくのいろいろな方と出会える機会ですので、それを十二分に活用する方がほとんどです。

 

ですが、彼は彼女と交際にはいってからは新たなお見合いもせず、毎月しっかり一時帰国をして、彼女との交際に集中・・。

担当者としては、もし万が一、彼女に断られてしまったら・・と思うと少し心配だったのですが、彼の気持ちはしっかりと固まっていて・・。

 

私からの問いかけに、

「毎月1回土日だけの短い一時帰国ですし、なるべく彼女と時間を合わせて、少しでも長く一緒に過ごせるようにしたいと思っています。断られたら、その時にまた考えますよ。」と、いつも答えていました。

 

今回、彼女にお伺いしたところ、
「私のために時間を空けてくださっているというのがわかって、とても信頼できる方だなと、遠距離で離れていても、とても安心していられました」とおっしゃっていました。

 

海外在住の方にとって、どうやってお相手の方との時間を作り、距離を埋めていくか、というのは大きな問題です。

いろいろな方法があると思います。でも、それを埋めるのに一番大きいものは、やはり、真っすぐにお相手を思う気持ちではないかと思います。

この方とぜひ結婚したい!と思えるお相手に出会えたら、恥ずかしがらずに、行動と態度に表してみて下さい。

その気持ちはきっとお相手に伝わりますよ。

 

 

IMG_0120 - コピー

 

 

 

 

 

良かったらシェアして下さいね。