【婚活ノート。】完璧なあなた

 

ここ1ヶ月ぐらい、家の給湯器が動かなくなることがあります。

 

最近、台風が多いせいか、強い雨風にさらされて、どうやら給湯器の中に水が入るようで…

最初に動かなくなった時に、ネットで調べてみると、
「雨が止んで数時間経ってから、電源コードを抜き差しすると、復活することもある」と。

 

試してみると、まさに“ネット様様”。その通り復活しました。

 

ですが、その後も、雨が降るたびに、動かなくなり、そのたびに電源コードの抜き差しを繰り返していましたが、だんだんと、その復活するまでの時間が長くなっていきました。

 

最初は雨が止んで1~2時間で復活したのが、一昨日は10時間。

 

これは、もうだめだな~と思って、今日、ガス屋さんに来てもらいました。

 

原因はどうやら、給湯器のケースが変形していて、前面の蓋部分が完全に閉じず、隙間ができていたようです。変形したケースを元の形に戻そうとしても、全体のバランスが崩れ、なかなか上手くいかず、最終的には、隙間の部分をパテで埋めて、その上から防水テープを貼る処置をしてもらいました。

 

その話を夫にすると、

「まあ仕方ないけど~、それって応急処置で、恒久対策じゃないよね…」と。

 

何を言うとるんだ偉そうに(怒)、今は大変な人たちがいっぱいいるのに、取り合えず、お湯が使えるだけでもありがたいと思いなさい!と心の中で思いつつ…

(まあ、ちょっとフォローすると、夫も悪気があって言っている訳ではないのですが…)

 

でも、自分も若いころは、今よりは、もう少し完璧を求めるといったことも、あったような気もします。(恒久対策云々…とまでは流石に言わなかったと思いますが…)

 

ですが、歳を重ねるうちに、自分の中での完璧を求める範囲にも、余裕がでてきて、むしろ、完璧な元の姿に戻すことよりも、修復し、手直し、今のそれ、そのものを受け入れていくことの方が、素敵なことかなと、思えるようになりました。

 

給湯器の故障の話から、かなり飛躍してしまいましたが…

それは、婚活にも言えることなのかなと…いう気もします。

 

誰もが、婚活を始めた頃は、お相手に対して「完璧」を求めようとするのではないでしょうか…

でも、婚活をしていくうちに「完璧」であるということが、必ずしも、幸せになるための条件ではないということに気づかされる…そういった時もあるのだと思います。

 

良かったらシェアして下さいね。