【婚活ノート。番外編】人生を変えたドラフト会義

 

明日はプロ野球のドラフト会議です。

 

今年は、我が横浜DeNAベイスターズはクライマックス1stステージで惜しくも敗退してしまいましたので、当然日本シリーズを残している訳でもありません。(残念…)

 

なので…ある意味、全神経を集中して、全力で、ドラフトを応援(?)できます。

(その後の、ドラフト緊急生特番!お母さんありがとうfrom TBSまで)

 

ドラフトといって強く印象に残っているのは、大ちゃんフィーバーで湧いた1982年の早稲田実業の荒木大輔(もう結構昔ですが…)。

その後は、1985年のPL学園のKKコンビ、桑田真澄と清原和博。

 

我がベイスターズ(大洋)はドラフトであまり華々しい思い出はないのですが、今振り返ってみると、1989年の野茂フィーバーの時の外れ1位の(あまりいい言葉ではありませんが…)東北福祉大の佐々木主浩。

2009年には、今年からMLBシアトルマリナーズの花巻東高校の菊池雄星に5球団が集中している横で、さらっと?1位指名した横浜高校の筒香嘉智。

 

そう考えると、ドラフトの時は、そんなに大注目されていなくても、その後プロ野球を代表する選手になる人が沢山います。ですので、どんな結果になろうとも、明日のドラフト会義で、ベイスターズと縁があった選手、その人が「運命の人」になるはずなので、全力で応援します。(ワクワクドキドキです)

 

そしてもう一つドラフトの思い出と言えば、1998年の横浜高校 松坂大輔。

その年のシーズンは、横浜ベイスターズは38年ぶりの悲願の日本一を果たしていて、ベイスターズ人気が最高潮に達していた時でもあり、地元横浜高校の松坂大輔も、一部報道によれば、横浜ベイスターズを希望していると言われ、相思相愛の状態。

 

ドラフト当日も朝から夫婦の会話は松坂大輔 “一色”。

今日は仕事にならないと覚悟(?)して、家を出たのを、昨日のことのように覚えています。

 

その日の午後、突然、夫から電話が掛かってきました。

おっ!っ?ベイスターズが松坂を引き当てたのか?

(当時ドラフト会議はお昼にやっていましたし、ネットも無かったので…)

 

電話の向こうで、一瞬息を飲む感じが伝わると、おもむろに意外な言葉が…

(夫)「・・・・・・・になった」

(私)「え?なに、よく聞こえない」

(夫)「・・・・に転勤になった」

(私)「えっ!て、転勤!?」

PHSの電波状態が良くなかったのか、肝心な部分が聞こえない。

(私)「えっ?えっ?どこ?」

(夫)「イ・ン・ド・ネ・シ・ア」

(私)「インドネシア…???」

 

まさに青天のへきれきでした。全く予想もしていませんでした...

 

松坂大輔は吹っ飛びました。ドラフト会議で指名されたのは「夫」でした。

 

ドラフトは選手の運命を左右するものです。

その日、まさに私達夫婦の運命も左右される日となりました。

 

あの予想もしていなかった、インドネシア転勤があったから、その後の人生も大きく変わって(大して具体的なビジョンを持っていた訳ではありませんが…)そのおかげで、良いことも、そうでもないことも、沢山経験することができて、そして今があるのだと、そう思っています。

 

途中から話が逸れましたが…明日のドラフト会議楽しみです。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。