【婚活ノート。】海外駐在員の婚活はスピーディ

 

42歳の女性会員様から「プロポーズをお受けしました!」と嬉しい報告がありました。

今年の6月に入会され3ヵ月での成婚になります。

 

お相手は、50歳のシンガポール駐在男性。

穏やかな笑顔がとても魅力的な方です。

 

そして、実は、お見合いをしたのは9月1日。

それから3週間後というスピードでのプロポーズです!

 

「そんなに早く決められるものなの!?」と驚かれる方もいらっしゃると思いますが…。

実際にそういうことがあるのが「お見合い結婚」です。

 

そして、このスピーディーさが、海外駐在員の方の婚活の特徴であるとも言えます。

 

 

なぜ、海外駐在員の方の婚活は、早く進むのか?

 

その最も大きな理由の一つは、「婚活の環境」です。

 

海外在住員の方は、日本にお住いの方のように「また来週か再来週のどこかで」と、次のデートを1週間、2週間先に設定するということができません。

 

もし、お見合いで、ビビっ!とくるお相手に巡り合えたら、明日、遅くとも明後日には、「もう一度会いましょう!」となります。

 

これは、決して焦っている訳ではなく、短い一時帰国の中で、できるだけお互いを知るために、致し方のない、物理的な事情の為、そうせざるをえないのです。

 

ですが、ある意味、この致し方ない状況は、海外駐在員の方にとっても、お相手の方にとっても「アドバンテージ」になります。

 

日本にお住いの方同士であれば、明日、明後日となると、ちょっと拙速な感じがして、言い出すほうも、受けるほうも、何だか躊躇してしまいます。

 

ですが、海外駐在の方であれば、なんの臆面もなく言えますし、受けるほうも、抵抗感がありません。

 

恋愛でも婚活でも、イケイケどんどん(ちょっと古い言い回しですが…)ということが、必要な時があります。

 

実は、海外駐在の方の婚活は、それが自然と、できてしまうのです。

 

 

そういったことも理由の一つにあって、海外駐在の方の婚活は「スピーディー」に進むことがとても多いのだと思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。