【婚活ノート。番外編】メッセンジャーにもらい泣き

 

阪神タイガースのランディー メッセンジャー投手が引退されました。

 

ベイスターズファンの私からすると、メッセンジャー投手は天敵中の天敵。

 

メッセンジャー投手が先発した試合で、ほとんど勝った記憶が無い、それどころか、点が取れた記憶もない?ぐらい…

 

球団別の対戦成績を調べてみると、対ベイスターズは24勝10敗。

NPB通算10年間で98勝84敗なので、圧倒的相性の良さ(ベイスターズファンからは悪さ)

 

身長198cm109kgの巨漢で、マウンド上では、ふてぶてしい雰囲気(ごめんなさい!)

ここ何年もベイスターズが阪神に弱いのは、メッセンジャーという投手がいたことが、1番の要因と思うぐらい、恨んでいました…(笑)

 

ただ、今年は1度対戦した時に、あれっ?メッセンジャー調子悪いのかな?というぐらい簡単に点が取れてベイスターズが圧勝。

あまりに、珍事(?)だったので、その試合は、とても記憶に残っていました…

 

普段あれだけ、ふてぶてしく見えていたのに(何度もスミマセン!)、昨日の引退会見では、なんだか、高校球児のように見えました。

 

現役生活を全うした、その表情は、清々しく、爽やかでした。

 

 

10年間守り抜いた甲子園のマウンドはどんな場所だったでしょうか?との、記者の質問に、

 

感極まって、涙を流しながら、

 

「本当に、大きな意味を持った場所でした」

 

 

こんなに、ファンを、チームを、日本を、愛してくれていたんだ、と思ったら(敵ながら)ついつい、もらい泣きでした。

 

番長同士がケンカした後に、お互いを分かり合って仲良くなるのは、なんだか、こんな感じなのかな~と、そんなことも考えながら…(笑)

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。