【婚活ノート。】結婚適齢期

 

最近、「結婚適齢期」って言葉、あまり聞かないですよね?

常に、結婚の最前線(?)に立っている、婚活カウンセラーの私が、そんなことを言っているのも、ちょっと変な気もしますが…

 

でも、15年、20年前ぐらいまでは、

「あなたも、そろそろ結婚適齢期なんだから、誰か良い相手いないの?」とか、

「もう結婚適齢期も過ぎちゃったし、結婚はもう無理かな…」とか、

そんな感じで「結婚適齢期」という言葉が、普通に使われていたと思います。

(あまり良い例文ではなくてすみません)

 

「結婚適齢期」を辞書で調べてみると、「結婚するのに適切な年齢」とあります。

 

実際には、その時代、その時代の、平均結婚年齢や、出産年齢、そして世間の「そろそろ」といった感覚に基づいて、定義されてきたのだろうと思います。

 

源氏物語の世界に描かれるような、平安時代には、男性は17~18歳、女性は13歳ぐらいが、いわゆる、結婚適齢期だったそうです。

 

ということは、平安時代から1000年以上も、ず~っと「結婚適齢期」という概念が存在してきたのに、僅か、この数十年でなくなってきた、少なくとも、そんな概念自体が薄まってきたと、言えるのではないでしょうか。

 

ちょっと、想像と古代ロマンへの妄想が、多分に入ってしまいましたが…

 

でも、この直近の数十年で「結婚」に対しての考え方が、大きく変わってきたというのは、本当のところなんだと感じます。

 

今の時代は、何歳までに結婚しようと、しまいと、そもそも結婚をしようが、しまいが、それは、その人、その人の考え方と価値観です。

 

結婚に関し「〇〇すべき」という考え方も、本当に少なくなってきたと思います。

 

 

「結婚したくなったらする」

 

それでいいんだと思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。