【婚活ノート。】強い気持ちで伝える

 

我が家の愛犬“あゆん”の「犬の学校」を、今日から再開しました。

 

生後5か月ごろから週2~3回、近所にあるドッグスクールに通わせていました。

少しでも、おりこうな犬になって欲しい!との、親心?で…

 

ヒート、避妊手術で、しばらく通えなかったのですが、3ヵ月ぶりの登校。

 

朝、家を出た直後は、「今日は朝から散歩だ!ラッキー!」と嬉しそうでしたが、スクールの前まで来た時は「あっ、ここ覚えてる、あゆん、なんかちょっとやだ!」という感じで、前足で踏ん張り、中に入るのを拒否…

 

それでも、無理やり(?)スクールの中に入れると、懐かしいスタッフさんたちの顔を思い出したのか、少しテンションが上がった様子。

 

先生が出てこられて

 

(先生)「久しぶりですね、元気してましたか?」

 

(私)「避妊手術をした後、少し大人になったような気もしますが…、まだ、我が儘なところも沢山あって…」

 

(先生)「トイプードルは、犬種的に我が強い子が多いですから、どう上手く付き合っていくかですよ」

 

(私)「せめて、もう少し、マテができたら…、もうちょっと聞き分けのいい子になるのかなと…」(あゆんは、ご飯の時しかマテができなく…)

 

(先生)「ちょっと、いいですか」

 

先生がおもむろに、あゆんのリードを持ち、「はい、マテ!」といった瞬間、

“シャッ キーン”と、背筋を伸ばし!?、先生に向かってお座りをする、あゆん。

 

(先生)「お母さん、ちょっと座って下さい」と言われ、あゆんの目線に合わせて屈むと、反射的に、立ち上がって、こっちに来ようとする あゆん。

 

そこですかさず。

(先生)「マテ!」と、もう一声。

 

“あっ、はい、失礼しました”という感じで(?)慌てて、座り直して、背筋を“シャッ キーン”とさせる あゆん。

 

 

普段、家では絶対に見せない姿。

 

相変わらずこの先生、凄い!まるでマジシャン。

 

 

(先生)「大事なのは、この子に伝えようとする“強い気持ち”ですね。お母さんと一緒にいれば、それは、甘えちゃうんですけど、ここぞ、というときは、“強い気持ち”で、この子に伝えてあげて下さい」

 

 

初めて指導していただいた時にも「強い気持ちで伝えることの大切さ」を教わっていましたが、今日あらためて、再認識させてもらいました。

 

 

犬のしつけだけに限らず、「本気で何かを伝えたいとき」は、それがたとえ“人”であっても、たぶん、基本は同じなんだろうと…そんなことも、考えさせられる「学校」でした。

 

DSC05559

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。