【婚活ノート。】友情と恋愛は別

日本の18歳から32歳の、未婚男性の70%、未婚女性の59%は、交際相手がいないそうです。(国立社会保障 人口問題研究所)

 

独身の男友達に、

「恋人いるの?」と聞いて、「いる」と答える確率は3割。

 

独身の女友達に、

「恋人いるの?」と聞いて、「いる」と答える確率は約4割、ということです。

 

「だいたい…そんな感じかな~」と思われるかもしれませんが…

 

実は、今から、約30年前の1990年には、男性の5割以上、女性の6割以上に「恋人」がいました。

 

今は、「恋人なんかいらない」という人も増えてきたのかもしれませんが…、

ですが、それ以上に「出会い」そのものが、少なくなってきているのだと思います。

 

そして、「恋人」がいなければ、その先の「結婚」にも繋がっていきません。

恋人がいない人の割合と同様に「生涯未婚率」(50歳までに一度も結婚しない人の割合)も、年々上昇してきています。

 

 

また「環境」というものも、一つの要因になっていると感じます。

 

どうしても、周りの仲の良い友達が「恋人がいない」「結婚はあまり考えていない」という感じだと、自分も“ほっと”してしまうというか…、“まあいいか”という気持ちになりがちです。

 

「友情」は大切ですが…、「恋愛」「結婚」とは、“別”と割り切るべきだと思います。

 

「恋愛」「結婚」は、「就職する」「資格を取る」ことと同じように「自分の為」のものです。友達を「出し抜く」とか、「自分だけ幸せになる」とか、そんな了見の狭いことではなく、「自分はどうしたいのか?」を真剣に考えて「自ら動く」ことが必要なんだと思います。

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。