【婚活ノート。】海外駐在員だからこそ

 

「本当は、海外勤務なんてしたくなかった!」という方もいるかもしれませんが…

 

ですが、多くの駐在員の方は、海外での新たな仕事、そして新たな生活に、前向きな気持ちで取り組もうと、臨まれていると思います。

 

ただ、仕事も、より責任のあるものになり、慣れない異国での生活も大変ですので、

「恋愛」、ましてや「結婚」なんて、とても考えられない、という人もいらっしゃるのではないでしょうか…

 

 

私が、夫の転勤で、初めて暮らした海外はインドネシアのジャカルタでした。

今から20年近く前の2000年のことです。

 

夫の会社の駐在員の方たちもそうでしたが、現地で友達になった他の会社の奥さんと話していても、「未婚」で赴任されている方は、ほとんど、いらっしゃいませんでした。

 

ですが、あれから20年…、よりグローバル化が進み、企業の考え方もグローバル化し「未婚」で海外赴任されている方も、本当に多くなりました。

 

自分で言うのもずうずうしいかもしれませんが(笑)…

勝手が違う海外で、日本で仕事をしていた時とは、明らかに違う「苦労」や「ストレス」を、夫が感じていた時に、それを「緩和」することが出来たのは「私」だったと思っています。

 

 

現在、多くの海外駐在の「未婚男性」の方に、イー・マリッジを利用していただいています。

 

私がジャカルタに住んでいた20年前は、日本と連絡を取るには料金の高い国際電話しかありませんでしたが、今はSkype、LINEといった無料で、顔を見ながら話せるツールが普通に利用できます。

 

世界中のどこにいても、世界中のどこにいる人とも、ストレスなく、コミュニケーションを取ることができます。

婚活もできます!

 

 

一時帰国で、何回か直接会い、交際中に一度ぐらいは、お相手にも現地に来てもらい、

SkypeやLINEビデオ通話等でコミュニケーションを取っていくことで、

お互いを知り、「結婚」の意志を固めていくことが可能です。

 

「物理的に離れているから、婚活は無理」ということは、ありません。

 

古い私(?)が言うのもなんですが、その考え方はもう古いです。

 

直接会うことだけが、お互いを深く理解し、愛を深めることではありません。

イー・マリッジの海外駐在員の方が、日本にお住いの方よりも、むしろ、短い時間で、高い成婚率で結婚されているのが実際です。

 

 

海外駐在をしている今だからこそ、「結婚」を考えてみてもいいと思います

 

誰かが側にいてくれたら、もっと頑張れると思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。