【婚活ノート。】ダンデライオン

 

夜な夜な(?)、自宅でメールチェックや、資料整理とうとう、今日一日の、残務処理的な仕事をしている時は、いつもは、適当にFMを流したりしているのですが…

 

最近は、なぜだか…夫が、古いCDをランダムにかける、というのが我が家のプチブームになっていまして、昨夜は、王道のユーミンがチョイスされていました。

 

2012年発売の「日本の恋とユーミンと。」という、40周年記念ベストアルバムで、納められている曲は、「卒業写真」「真夏の夜の夢」等々、まさにベストオブベスト。

 

もう40数年前の、まだ松任谷由美ではなく、荒井由美時代の曲もあり、

でも、今でも普通に、いろいろな挿入歌にも使われるし、よく耳にすることもあってか、

あらためて聞き直しても、まったく古さを感じさせない。スゴイ!。

 

 

そんな中に、「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」という曲があります。日曜の夜のドラマ「あなたの番です」で田中圭さんの、奥さん役の原田知世さんが歌っていた曲です。

1983年、今から約36年前のことです。(時の流れは早い…)

 

で、その歌詞に、

 

“きみはダンデライオン

傷ついた日々は 彼に出会うための

そうよ 運命が用意してくれた

大切なレッスン

今 素敵なレディになる“

 

という、ところがあります。

 

 

まず、そもそも「ダンデライオン」とは“たんぽぽ”のことなんですが…

 

“たんぽぽ”の花は決して派手ではないけど、厳しい冬を超えて、春になれば必ず「咲く」という強さが特徴だそうです。

 

そういった“たんぽぽ”のイメージと重ねて、

恋愛に悩んでいる時(厳しい冬)は、自分を磨くための時間でもあって、それを乗り越えたら(春になったら)、ホントの大人の女(素敵なレディ)になって、運命の人と出会うことができる。

という意味なんだろうと、思います(たぶん…)

 

自分が、高校生ぐらいの時に初めて聞いた時は、そんなに深く考えることはなかったのですが、今あらためて聞いてみると、奥深いというか、希望感溢れるというか…

 

結婚相談所のカウンセラーとして、たくさんの人の婚活をサポートしていると、

本当に、その通り!そうであるべき!と強く感じます。

 

そのまま、結婚相談所の応援ソングにできそうな曲です。

 

 

ちょっとズレたら「演歌」でもよかったコンセプト。さすがユーミン!

(この感想は夫のものです)

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。