【婚活ノート。】令和婚

 

昨晩、ふとLINEを見てみると、そこには、今日、日本中の人が目にしたであろう画像が・・・。

 

男女が、「令和」と、墨で書かれた文字の額縁を抱えて、微笑んでいる。

5月1日に、日付が変わった直後から、ニュースやワイドショーで数多く取り上げられている、「令和婚」のカップル。

 

まさに、その映像が、いきなり私のLINEにも飛び込んできました。

 

 

 

今年2月に成婚退会された、女性会員様からのLINEでした。

 

「二人ともミーハーなことはしないタイプですが、ちょうど良いタイミングと、楽しい雰囲気が想い出深くなるだろうということで、せっかくなので、今日入籍届を出してきました!一緒に暮らすのはもう少し先になります」と、メッセージが付いていました。

 

おめでとうございます!

 

 

 

最近成婚された方の中でも、私の印象に最も残っている方の一人でした。

いつも静かに優しく微笑んでいる、知的で可愛いらしい方で、入会6ヵ月で成婚退会されました。

 

一般的には、「紆余曲折」「焦心苦慮」「陰陰滅滅」といったもの(?)が、婚活中には、誰もが少なからずあるものです。

そういったことを、一緒に悩み、考え、解決していくことが私たち結婚相談所の務めです。

ですが、この方はそういったことを、ほとんど、表に出されることはなく、常に前向きに婚活に取り組んでいらっしゃいました。

 

また、私との会話やメールの文章の一つ一つに、常に「気遣い」があって、こちらが恐縮することがあったぐらいです。

高度な専門職種の方で、私が個人的な質問をしたこともあったのですが、その時にもとても親切にわかりやすく答えて下さったのを、とても嬉しく覚えています。
(どちらがカウンセラーかわからなかったですが笑)

 

 

でも、そんな方でも、ちょっと気恥ずかしく?思えるかもしれない「令和婚」を実行し、お役所で用意されたボードの前で、幸せそうに記念撮影をされる。

 

本当に素敵なことです。

結婚の喜びとはそういうものです。

 

それが、たとえ、ミーハー(?)でも…、ミーハーだからこそ、一生涯、二人に刻まれる「記憶」になるのだと思います。

 

そして、その記憶は、これからの結婚生活の中でおこる、苦しいことや、辛いことを、一つ一つ乗り越えていく時に支えてくれるものに、必ずなってくれるはずです。

 

かく言う私も、平成8年8月8日に入籍しています(笑)

 

昨日送って下さった写真は、私自身のその時の気持ちを思い起こさせてくれました。

初心に帰って、あらためて夫や周りの方に感謝したいと思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。