【婚活ノート。】結婚しないという選択肢

 

婚活カウンセリングをしていると、

 

「本当に結婚したいかどうかわからなくなってきた…」と、

おっしゃる方がいらっしゃいます。

 

そういったケースは「交際終了」直後という状況の方がほとんどなのですが…

 

「結婚したい!」と思い結婚相談所へ入会され、いくつかお見合いを経て、何人かと交際へと進む。

1~2ヵ月の短い時間だったかもしれませんが「この人と結婚するのかも…」という「特殊な緊張感」の中、相手の表情の変化一つ、会話の一つ一つに神経を使う、ある意味「疲れる」交際だったはずです。

 

それが最終的に、自分の本意とは違う「交際終了」という形で終わってしまえば、たとえ「そういうもの」と割り切った結婚相談所での婚活とはいえ、どんな人でも「自分の未来が見えなくなる」時があるのだろうと思います

 

ですが、そういう気持ちを吐露されることは、私は、悪いことではないと思っています。

 

 

「誰にとっても結婚は有意義」とは、必ずしも言い切れるものではない…と、思います。

(結婚相談所という仕事でありながら、そう言うのも問題があるのかもしれませんが…)

 

 

世の中には、結婚をして幸せになった人は沢山います。

ですが、そうでない人もいます。

 

皆がそうだから、昔からそうだから、だから結婚しなければいけない。

そう、今まで、誰もが信じて、疑わなかったことが、実は、正しくないことなのかもかもしれません。

 

 

物事には必ず「表と裏」「光と影」があります。

 

どんなに幸せそうに見える人でも、少なからずの苦悩や悲しみを抱えているでしょうし、結婚して幸せそうに見える人でも、その幸せとの引き換えに、何かしらの自由を失い、少なからずの制約を受けているはずです。

 

何かを得るためには、何かを失わなければいけない。

“その何かを失ったとしても、自分が結婚する意味は何なのか?”

 

 

「本当に結婚したいかどうかわからなくなってきた…」と感じたら、チャンスかもしれません。

もう一度「結婚の意味」について整理できる時間を与えられた、と、考えてみて下さい。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。