【婚活ノート。】10連休で 婚活! その2

 

なんだかんだ、あと1週間半で、ゴールデンウィークがやってきます。

 

ですが、10連休をとれない仕事の人たちも多く「プレミアムフライデー」のような冷めた感じ?…で受け取らざるをえない方もいらっしゃるのかもしれません。

 

 

実際、どれくらい旅行や観光に行く人が多いのかと思い、海外航空券をチェックしてみました。
4月27日から5月6日までの間の、東京、シンガポール間の航空券は、ANA、JAL、SQとも、ほとんど空席が無く、連休の後半の方に少しだけ残っているチケットでも、価格が往復20万円以上しています。通常なら、最安で5万円前後なのに・・・。(10連休でなくても、毎年こうなのかもしれませんが…)

 

とはいえ、この時期に休みなのは日本ぐらいなので、現地に行けば、ホテルは空いているとは思いますし、むちゃくちゃ観光客だらけという感じではないと思います。

 

因みに、シンガポールに住んでいると「スクールホリデー」という、日本でいうところの、春休み、夏休み、冬休みのような、時期があります。

確か、年4回、3月、6月、9月、11月で、6月は丸々1ヵ月休みだったと思います。

 

その時期は、シンガポールから近隣のタイや、マレーシアやジャカルタ等に行く飛行機が混んで、私が住んでいた当時、夫も出張の航空券が取れない時もあり、「なんだよ…、子どもの頃から、海外旅行ばっかり行って…」とブツブツ文句を言うこともあり…(国の制度なので仕方ありません笑)

 

シンガポールと日本で大きく違うことの一つは、ほとんどのシンガポール人は、赤ちゃんの頃から「パスポート」を持っています。

 

理由は「海外」が日本と比べ圧倒的に、身近で、近いということです。

 

シンガポールからお隣の国マレーシアのジョホールバルまでは車で1時間弱です。海外駐在員も週末にはジョホールバルまでゴルフに行きますが、シンガポール人も、週末に普通に買い物や、ご飯を食べに行きます。

 

日本で週末に郊外のショッピングモールに家族で出かけるような感じです。

 

車で1時間とは言え、その途中にイミグレーションがあり、出入国審査を受けなければなりません。当然パスポートがいります。

 

ですので、シンガポール人は、切らすことなくパスポートを持っています。

 

 

また、飛行機で、インドネシアのジャカルタまで1時間ちょっと、タイのバンコクまで2時間、マレーシアのクアラルンプールまでは50分ぐらいなので、気軽に「海外旅行」に行きます。

 

そして、もう一つ、シンガポール人が、頻繁に海外に行く理由は、間違いなく「言葉」です。

 

今の、50歳以下ぐらいのシンガポール人ならほとんどの人が英語を話します。

 

「シングリッシュ」という、ちょっと独特な、中国語っぽい、アクセントの英語ですが、日本人でも、住んでしばらくすれば慣れますし、最近の若いシンガポール人は、ローカルどうしで話す時は「シングリッシュ」、日本人や外国人と話すときは「イングリッシュ」と、使い分けて話す人も多いです。

 

そして中華系のシンガポールの人は「中国語」も話せるというのが強みです。

 

東南アジアはどこにいっても、中華系の人がいますので、特にビジネスでは、シンガポールの人は本当に有利です。

 

 

スミマセン!話がだいぶそれてしまいましたが…

 

今回のゴールデンウィーク、もし実際には10日間、全て休みでなくても、イー・マリッジの「10日間 婚活スタートアップ コース」はご利用可能です。

 

実際に、休みの前半(~4/29)に半日だけお越しいただける時間さえあれば、あとはスマホやパソコンでできますので、ぜひ、ご検討下さい。

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。