【婚活ノート。】当店のらーめんは、3回はお召し上がりください

 

今シーズン最初の、ベイスターズ戦行ってきました!

(対スワローズ1回戦@神宮球場)

 

寒かった…

 

気温7度、風邪強く、体感は真冬でした。

 

でも、試合は熱く、ドラフト1位ルーキーの上茶谷大河投手が好投!

遠目に見ていていても「大人のピッチング」「大人のたたずまい」

 

勝たせてあげたかったけど…

これは間違いなく、将来ベイスターズのエースになる器!

次回初勝利に期待します!

 

肌寒い春先のナイター観戦のあとは、

 

球場→銭湯→ラーメンという、私たち夫婦の定番?コース

(この上ない幸せコースですが…最近はさすがに、深夜のラーメンはきつい時もあり…)

 

昨晩は9時過ぎに野球が終わって、墨田区のスカイツリーが見える銭湯「御谷湯」へ。

ここは、70年続く下町の銭湯。「スーパー銭湯」も楽しいのですが、昔ながらの「THE銭湯」も、なんとも言えない味があって、それでいて「お風呂マナー」が良いように感じられるところが、なんだか好きです。

 

そして、その後は、25時までやっている、堀切菖蒲園の「らーめん大」。

いくつも店舗がありますが、一説では堀切が発祥とのことです

 

お店に入ったのは夜12時前。

 

いつもは、面を茹でたり、スープをついだりしているのを、ボーっと見て待っているので、特に深く考えることも無かったのですが、

 

“当店のらーめんは、3回はお召し上がりください。本当のおいしさが発見できます。”

という、カウンターの貼り紙。

 

昨日は、お腹を空かせながら、ふと、意味を考えていました。

 

 

そもそも、初めて食べた時に「美味しくない!」と感じれば、2回目はないのでしょうが…

「あっ、なんか美味しいかも…」と感じたなら、もう一回食べてみたい!と思うのが人情です。

 

で、2回目に食べた時にも「美味しい!」と感じるなら、当然3回目と繋がっていきますし、「気のせいだった」と確信できれば、次はありません。

 

ですが、問題は、判断が「微妙」な時です。

 

「あれ?、最初に食べた時ほどでは無いかな~、う~ん」もしくは

「最初よりは美味しく感じるけど、本当に自分の好きな味なのかな~?」

といったような、「微妙」な感じを持つ時です。

 

そんな時は、「3回目」を食べてみることが大事、だと。

最初の残像も、それに引きずられた余韻もない、「冷静な自分」で判断できると。

それが3回目だと。

 

そんなことを、言っているのかな~と…

(すみません、勝手に解釈しただけなので…違うかもしれませんが…)

 

 

婚活も、「冷静な自分でいられる」3回ぐらいまでは、お相手と会ってみて、判断してみる、それぐらいの、ゆとりや余裕を持った活動ができれば、何かしらの「発見」ができるのではないないでしょうか。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。