【婚活ノート。】最高のラブレター

 

昨日、2019プロ野球が開幕しました!

 

我がベイスターズも勝利!

エース今永投手が8回無失点11奪三振、日本の4番筒香選手がホームラン含む2安打5打点。

 

最高のスタートとなりました!(#横浜優勝)

 

そんな中、海の向こうのメジャーリーグから「素敵なお話が…」

 

先日引退を発表したイチロー選手の同僚の、ディー・ゴードン選手が、イチロー選手に感謝を伝える全面広告を地元紙シアトル・タイムズに掲載したという話です。

 

読ませてもらいましたが、ただ、ただ、感動です。

 

こんなに素直に、感謝、そして愛情を表現できることに…

 

私たちも、好きな人に、こんな風に伝えられたらと…思います。

 

 

 

(以下、朝日新聞デジタルから)、

 

 

親愛なるイチローへ

 

まず最初に、私の素晴らしい友達で、今でも一番好きな選手でいてくれてありがとう。

 

私が野球を始める前、「自分みたいに痩せた選手がいるんだ。だったら自分も出来るはず!」と思いながら、あなたを見ていたことを覚えています。

 

あなたは、私が野球を始めるきっかけを作ってくれました。

 

あなたは、エイボン・パークに住む少年のアイドルでした。

野球のテレビゲームの選手に、あなたにちなんだ名前をつけたこともありました。

 

2004年、ヒューストンで開催された球宴で初めてあなたと会いました。午後3時ごろ、父とグラウンドに出たら、あなたはすでにウォームアップをしていましたね。

 

球宴なのにですよ!? そんな選手、あなた以外にいませんでした。

 

パワーヒッター全盛期のなか、あなたは自身の信念、そしてなにより、あなたを作り上げた文化に忠実でした。他の選手より、身体が小さくても、なんだって出来る! 

 

あなたは、そう教えてくれました。

 

そして2012年。ドジャースがシアトルに遠征したときのこと。

私は遊撃のポジションから、あなたの動きをずっと見ていました。

あなたの通算安打の積み上げにも貢献しましたよね。

 

あなたに夢中になって守備に集中できなかったのです(ドジャースのみなさん、ごめんなさい。でもイチローだもん。わかるよね?)。

 

翌日、あなたはヤンキースに移籍してしまいました。

 

ショックでした。

 

でも2015年、私がマーリンズに加入すると、数日後、あなたもやってきたのです!

 

興奮しました。「イチローと一緒に野球ができるなんて、マジかよ? 俺が?」と。

あなたに会いたくて、ジュピターに予定より早く向かいました。

あなたにドキドキしながらあいさつすると、「君の助けになるよ」と言ってくれましたよね。うれしかったです。

 

「オレは“イチ”と一緒にプレーしたんだぜ! エイボン・パーク出身のオレがだよ??」。私の自慢です。

 

この5年、あなたの存在が私にとってどれだけ大きかったのか、みんな分かっていません。

 

イチ。これまで、私の人生にはうれしいこと悲しいこと……いろいろなことがありました。でも、あなたの友情はまったく揺らがなかった。

 

いつだって私のそばにいてくれた。

 

私が不当な扱いを受けたときだってね。

 

あなたへお礼を伝えるのに、ツイッターやインスタグラムは適していないと思いました。

だから、わたしはこういう形であなたへの気持ちを表現しました。

 

あなたの友情、教えがなかったら、そしてあなたが“秘密”を教えてくれなかったら(誰にも言わないよ)、いまのディー・ゴードンは存在しません。

 

愛しているよ、ブラザー! あなたはいつまでも、私の人生の一部です。

 

これからもオフの日は、私と一緒に打撃練習をしてくださいね。

 

それが出来なくなることは、さびしいから。あなたを頼ることが出来なくなることも。

 

 

あなたのブラザー 

ディー・ゴードン

 

良かったらシェアして下さいね。