【婚活ノート。】優しさは、にじみでるもの

 

いよいよ、明後日に迫ってきました、プロ野球開幕!

 

ですが、突然「トレード」の一報が…

2015年のドラフト2位で我がベイスターズに入団した熊原投手が、

東北楽天ゴールデンイーグルスの、濱矢投手との1対1の交換トレード

ショックです…

 

宮城県の仙台大学出身で、仙台6大学リーグでは、屈指の剛腕投手として名を馳せた「イケメン」投手!

マスコミにも、ドラフト1位指名有力選手として取り上げられていて、「いい~なあ~、こんな選手来ないかな~」と、密かに、熱望しておりました。

 

その年のベイスターズは駒澤大学の今永投手(現在のエースで侍ジャパン)を1位指名したので、熊原くんは無理か~と、諦めていた矢先、思いもよらぬ?獲得の知らせ!
*ここからは熊原くんと呼ばせていただきます。

 

2位指名の順番は、はじめにパリーグ最下位の楽天、次にセリーグ最下位のベイスターズ。
奇跡的にも?1位指名に漏れた熊原くん、そんなことも見据えていたのか、当然、楽天が地元の逸材を指名するだろうと誰もが思っていた矢先、なぜか他の野手を指名。

ベイスターズのドラフト関係者の動きが一瞬止まり、なんとも言えない間があったのを、今でも昨日のことのように覚えています。

「第二巡選択希望選手。横浜DeNA。熊原健人。投手。仙台大学」

 

その、ドラフトから4ヵ月後の、沖縄宜野湾キャンプでのことです、

夕方も既に5時を回ろうかとしている頃、朝からの全力でのキャンプ見学を終えて、そろそろ帰って、夕ご飯は「ナーベラー定食」(沖縄のヘチマの味噌煮です)でも食べようかな~と考えていた時、突然“その人”は現れました。

メイングランドからちょっと離れた体育館から、トレーニングを終えて、まさに出て来るところ、「熊原くん!サインしてくださ~い!」疲れているところを申し訳ないと思いつつ・・。

「あっ、はああい、いいですよ~」それが熊原クンの第一声でした。

「あの~う、ちょっと待ってください。これ置けるところに、ちょっと移動させて下さい」

見ると、両手に既にファンから貰った沢山のプレゼントの紙袋。

「汚したら悪いので…」

土の場所ではなく、ちょっと離れた綺麗なコンクリートのところまで移動して、紙袋を置きました。

 

サインと、ちょっと変わった?ピースでの写真撮影に、(ベイスターズファンの間では有名な熊原くんのピース)ルーキーらしさ全開で、一生懸命に、対応してくれました。

 

たった3年間だけでしたが、ベイスターズの選手の中でも「独特な愛されキャラ」だった熊原くん。昨年からつけていた大魔神の22番の背番号に恥じぬ、ベイスターズのエースになってくれることを期待していました。

本当に残念ですが…、地元仙台で、ぜったいに、大成してもらいたい!

ベイスターズから楽天に移った、藤田選手、福山選手のように!
(これもベイスターズファンとしては、ある意味本当に残念…)

 

そして、濱矢廣大投手、ようこそベイスターズへ!

開幕まであと2日。

 

001

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。