【婚活ノート。】コンプレックスに向き合って

 

誰もが、必ず一つや二つは、外見の“コンプレックス”を持っているものです。

 

「ああ~、もっと、美しく(カッコよく)、生まれてこられればよかったのに…」

 

目、鼻、口、体形、身長、体重、頭髪、輪郭、肌質 等々… 

「そんなの気にしなくて大丈夫だよ」「全然変じゃないよ」と周囲の人たちは言ってくれるかもしれません。

 

でも…自分の中では「どうしても、許せない!」

 

そうです「許せない!」、それが“コンプレックス”というものです。

 

 

結婚相談所で活動されている人たちも例外ではなく、誰もが少なからずの、そういった“コンプレックス”を持っていらっしゃると思います。 

別に、本当に気にする必要は無いと思いますし、“ありのままの自分”でいればいいと思っています。

 

でも、もし、その“コンプレックス”のせいで「婚活が上手くいかないのでは?」という疑問を抱くようになっているのであれば、 

あえて、そのコンプックスを、真正面から受け止める勇気を持ってみてください。

 

そのコンプレックスを、なんとなくスルーしたり、ぼやかしたりするのではなく、何か逆に強みに変える方法が無いか?を、一生懸命考えてみて下さい。

 

ぽっちゃりしてるから…、背が低いから…、目がパッチリしてないから…、小顔じゃないから… 

それなら、それを、あえて強調し、最大限魅力的に見せる方法を、今までの自分の既成概念を捨てて、考えてみてはどうでしょうか。 

 

なぜ、こんなことを言うかというと…、人には、それぞれ好みがあります。 

自分が考えているほど、芸能人やアイドルやモデルのような見た目の人を、誰もが好きとは限らないのです。

 

テレビや雑誌、ネットで見ているうちは、社会常識的な感覚で、カワイイ、カッコイイ、と認識するのかもしれません。ですが、リアルに同じ空間を共有しなければいけない「結婚」であれば、本当の自分の深層心理の中にある“好み”が優先されます。

 

ちょっと、分かりづらい説明になってしまいましたが…

要は、一般的なカワイイ、カッコイイを好む人たちは多数派であるかもしれませんが、100%ではないということです(これは…分かり易いでしょうか…)

 

あたり前のことですが、結婚は一人の人としかできません。

どんなにモテでも、一人の人しか選ぶことはできません。

 

何十人もの人から、お見合いを申し込まれることが、大切なことではありません。

 

ただ一人の、自分を好きになってくれる人、自分が好きになれる人と出会えることこそが、本当に大切なことなのです。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。