【婚活ノート。】結婚相談所の会員数は多いほどいいのか?

 

イー・マリッジが加盟しているIBJ日本結婚相談所連盟の会員数は約6万人、NNR 日本仲人連盟は約1万5千人、BIU 日本ブライダル連盟は約3万5千人ですので述べ11万人です。
男女比が1:1だとすると、イー・マリッジで婚活すれば、5万5千人のお相手と出会うチャンスがあることになります。

 

ですが、お相手候補が多い=結婚し易い、とばかりは言い切れないところもあります。

 

「地球上の男は何人いると思っているの?35億」というネタもありますが…、

35億人いても出会いが無い人は残念ながら無いのがこの世の中です...

 

 

結婚相談所で活動して成婚されていく方の、平均的なお見合い回数は10回ぐらいです。

(在籍期間6~8ヵ月)

 

その10回のお見合いで、交際まで進むのは3~4人程度で、最終的に1人に絞り成婚していきます。 

お見合い10回、交際人数3~4人という数字をどのように思われるでしょうか?

 

せっかく何万人も会員がいる結婚相談所で活動しているのだから、もっと沢山の人とお見合いをして、交際をして、結婚相手を選びたい!と思われる方もいるかもしれません。

 

 

でも、ちょっと想像してみて欲しいのですが… 

世間一般に、恋愛結婚で結婚された人が、10人も20人もの人と付き合って結婚しているでしょうか?

 

実際には結婚までに、2~3人ぐらいと付き合ったというのが、一般的なのではと思います。

 

中には、私は数十人の人と付き合いました!と言う強者もいるかもしれません…。

ですがその逆に、中学生、高校生の時からずっと付き合ってきた相手と結婚したという人もいらっしゃいます。

 

結婚相談所に入会して活動していくと、あまりにも人数が多すぎて、なかなかお見合いを申し込めない、お見合いを受けられない、交際に進んでも決めきれない、という方がいらっしゃいます。 

「他にもっと良い人がいるかも…」という迷いがそうさせるのだと思います。 

 

恋愛結婚でも、お見合い結婚でも、結婚相手を決めるのに最も大切なことは「他の人との比較」ではありません。自分自身がそのお相手を見て、この人なら愛せると確信できるかどうかです。

 

“35億”もいるのですから、本気で一人一人あたれば、もっと自分の理想に近い人は、世界中にはいくらでもいます。

 

でも、そんなことを言っていたら、世の中の誰一人として結婚することなんてできません。

 

「妥協する」ということとは違います。

結婚相手は、ネットの価格比較、性能比較で選ぶようなものではありません。
他では売っていない、唯一のオリジナルを、自分が「欲しい!」とシンプルに思えるかどうかということだと思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。