【婚活ノート。】3ヵ月ルール

 

結婚相談所の婚活では、連盟の「統一ルール&マナー」で、お見合後から3カ月間で成婚退会の意思表示をしなければならないと決められています。(最大に延長したとしても6ヵ月です)

 

「えっ!たった3カ月間で結婚が決意できるの?」

「それは、あまりにも短すぎるでしょ…」

 

入会前の説明で、この「3ヵ月ルール」を説明すると、ほぼ皆さん、こんな感じの反応をされます。

 

確かに、人生の一大事である結婚を、僅か3ヵ月で決められるのかと、ちょっと理解できない(?)といった、気持ちになられるのも分からなくもありません。

 

ではなぜ、こんなルールを結婚相談所では設定しているのでしょうか?

 

それは、結婚相談所が会員をサッサと(?)結婚させて早く成婚料をもらおうとしている、とか、すぐに結婚できます!と言って、結婚相談所の宣伝をしているとか、そういったことでは全くありません。

 

その理由は、結婚相談所は「恋愛結婚」ではなく「お見合い結婚」だからです。

 

 

お見合い結婚は、お見合いをする前から結婚を意識(前提に)しています。

それに対し恋愛結婚は、付き合い始める前、付き合い始めてからですら「本気で結婚を意識している」という人はほとんどいません。付き合っていくうちに、徐々に、またはある日突然、結婚を意識するようになります。

 

恋愛結婚する人たちがどれくらいの期間交際してから結婚を決意したかという調査では、約半数の人が半年から1年未満と答えています(ゼクシイ調べ)

 

ですが、たぶん「本気で結婚を意識した」期間は、そのうちの最後のほんの数か月だったと思います。

 

結婚を意識してから、決断するまでは、実は意外と短いのです。

もし結婚を意識たにもかかわらず、なかなか決断できない場合は「自分自身に結婚する覚悟」ができていないからかもしれません。

 

ですので、最初から「結婚を意識」している、「結婚する覚悟」を持っている人たちの「お見合い結婚」では、3ヵ月もあれば十分に結婚を決断できるはずです。

 

 

結婚相談所の方は、交際期間1.5~2ヵ月、真剣交際期間1~2ヵ月、合計3~4ヵ月間で結婚を決められる方が大多数です。これは誇大広告でも、オーバーな宣伝でもありません。

 

本当の「ご縁」とは、そういうものだと思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。