【婚活ノート。】万人に好かれるプロフィールは必要か?

 

結婚相談所に登録すると、ご自身のプロフィール(自己PR文)を作成していただきます。

プロフィールは、IBJ結婚相談所連盟の全ての会員様が見ることができます。

(*男性会員のプロフィールは女性会員が、女性会員のものは男性会員が見ることができます)

 

ですので、あなたのプロフィールを読んで「会ってみたい!」と思った方が、あなたに「お見合い」を申し込んできます。当然、ご自身も、他の方のプロフィールを見て、お見合いを申し込むことができます。

プロフィールは結婚相談所で婚活をするための、重要なアイテムです。

 

ただ、プロフィールを作成するに当たり「万人に好かれる」「万人受けする」プロフィールを書かなければいけないと思い込んでいる方が結構多くいらっしゃいます。

 

ちょっと個性的な内容や、人とは違ったことを書いて「変わった人だな~」と思われて、お見合いが出来なかったらどうしよう…、と、心配される気持ちも分からなくもありません。

ですが、よくあるプロフィールで「趣味は映画鑑賞/音楽鑑賞」と書かれている方は多いですが、残念ながら、この内容だけでは、なかなか、見た人の心に刺さらないのが本当のところです。

 

実際に、趣味が映画鑑賞・音楽鑑賞等でも構いません。
ですが必ず「何のジャンル」「どのアーティストの音楽」「どれぐらいの頻度」等々、あなたの趣味を相手がより具体的にイメージできるように書かなければいけません。

 

「でも、ちょっと特殊なジャンルだと、引かれたりしないかな…」と心配になるかもしれませんが、実際には、必ずそれに共感する方はいらっしゃいます。

また現時点では、それほどではなくても、実はちょっと興味があって、結婚相手と一緒にそのジャンルに入っていけたらいいな、と考えている方もいらっしゃいます。

 

ですが、そういったこと以上に意味のあることは、そのプロフィールを読んだ人が、あなたのことを「より具体的にイメージでき」「身近に感じられる」ということです。

 

「お見合いできなかったらどうしよう…」と心配して、万人に好かれる(と思い込んでいる)「当たり障りのないプロフィール」を書くことが、実は最もやってはいけないことだと思います。

 

結婚相談所の婚活は「お見合い」が多くできれば幸せな結婚ができるわけではありません。

お見合いが多くできることよりも「本当の自分を分かってくれる人」「自分に共感してもらえる人」に出会わなければ意味がありませんし、そういったお相手と出会えて初めて、本当の幸せな結婚に繋がります。

私どもイー・マリッジの経験から申しますと、ちょっと「特殊な趣味」や「特殊な特技」をアピールされたほうが、実際には、より多くお見合いができ、また意味のあるお見合いができると思っています。

 

もし今、婚活をされている方(結婚相談所でなくても)、少しスランプ…だな、と悩まれている方は、今までとは少し方針を変えて、自分の「ちょっと特殊な部分」をアピールする婚活をしてみたらどうでしょうか?

きっと、また新たな道が開けると思いますよ。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。