【婚活ノート。】相性が合うとは…どういうこと?

 

お相手への条件として「相性が合う人」を挙げられる方は多いです。

 

確かに「相性が合う」ということは、好きになるための基本的な条件かもしれませんし、生涯一緒に暮らしていく結婚相手には、必須の条件であると言えるかもしれません。

 

本気で愛していたから、
一緒にいて楽しかったから、
当然「相性も合っている」と信じていたから、結婚したのに。
でも、数年後不幸な結果に…

残念ながら、実際にそういった方は本当に多いです。

 

そもそも「相性が合う」とは具体的にどういうことなのでしょうか?

「相性が合う」相手かどうかを、どうやって見極めればいいのでしょうか?

 

私が思う「相性が合う」というのは、たとえば、成婚退会時にお二人で挨拶に来られ、とても楽しそうに幸せそうに話されるのをみていて、二人の「性格」や「感性」が合っているなと、感じさせてくれるのはもちろんですが、それ以上に、その二人の間に流れている「沈黙が自然」と感じられる時です。

 

結婚相談所で出会って、結婚を決意された二人です。
わずか数か月の交際期間です。

 

ですが、「相性が合っている」二人は、たとえ交際期間が短くても、言葉を発さない時間にぎこちなさを感じさせません。

 

結婚生活というのは「沈黙」の時間を過ごすという側面があると思います。

その時間をどれだけ、二人で「自然に過ごせるか」が、実は「相性が合う」ということのような気がします。

 

婚活中は、自分のことを分かってもらわなければいけない、相手のことを知らなければいけないという気持ちが急いて、どうしても言葉が多くなってしまいます。

ですが、本当に「相性が合う」お相手と出会うためには、沈黙の時間が自然でいられて、「心地いい」と感じられるかどうかを見極めることが、大切なことだと思います。

 

 


結婚相談所イー・マリッジ – 東京千代田区・九段下、千葉・柏 –

お問い合わせはこちら⇒

 

 

良かったらシェアして下さいね。