【婚活つぶやきブログ】成婚率とは?

 

結婚相談所の良し悪しを図る「成婚率」という数字があります。

 

ですが、この数字はいったいどういったものなのでしょうか?

 

結婚相談所のHPや広告を見ていると

 

「弊社は成婚率○○%です!」

「驚異の成婚率○○%」

「業界トップクラスの〇〇%」

 

という感じでよく目にします。

 

 

ですが、結婚相談所業界において成婚率の「定義」は明確ではありません。

 

いつから、いつまでの期間なのか?

どのような人まで対象にしているのか?

 

私自身が、結婚相談所を経営しておきながら「成婚率○○!」と謳っている、他の結婚相談所が、どのような「定義」で、その数字を出しているのかよく分からないのが実際です(すみません)

 

とは言え、入会を希望される方に「成婚率」を聞かれることもありますので、その際は、きちんと「イー・マリッジの成婚率の定義」を説明し、お話しています。

 

【イー・マリッジの成婚率の定義】 

  1. 過去5年間に入会した全ての会員を対象とする
  2. 入会後1年以内の成婚と1年以上の成婚を分ける
  3. 当然「成婚退会」した会員のみを対象とする

 

上記の定義で算出すると 

イー・マリッジの成婚率は(2013年~2017年)

入会後1年以内に成婚した人:51%
入会後1年以上経って成婚した人:20%
成婚せずに退会した人:29%

 

この数字を少し解説しますと、

全入会者で1年以内に成婚する人は約半分、でももう少し時間をかけ活動してみた人たちは、さらに2割の人が成婚しています。
ですので、全てのイー・マリッジに入会した人の約7割の方は最終的に成婚されています。

 

この数字を他の相談所と比べてどうみるかですが…

 

私の所見ですが、本気で結婚したいという気持ちを持続して持つことができて、活動中に「自分を磨いていく」努力をされた方は、ほとんどが成婚されているような気がします。

 

「成婚率」を参考にされる場合は、その定義もぜひ確認してみて下さい。